皮膚科でもらえるシミ消しクリーム・ハイドロキノンとは?-お肌を白にできるシミ消しクリームを紹介

MENU

皮膚科のシミ消しクリームってどんなもの?

皮膚科で処方されるシミ消しクリームといえば、ハイドロキノンとトレチノインが代表的なものです。
効果がすごいと評判が高いので、シミを消したい!と切実に願う人は、皮膚科での治療を考えるのでは?
では、そのハイドロキノンとトレチノインとはどんなものなのでしょう?受診する前にこのページで下調べしておきましょう。

また、ハイドロキノンは、化粧品に配合されているものもあります。
医療用の成分をスキンケアに取り入れることができるのは、手軽でうれしいですよね。
シミが消えた!とうれしい声が続々です。

皮膚科でシミ消し①ハイドロキノン

「肌の漂白剤」ハイドロキノン

ハイドロキノンは、できてしまったシミに力を発揮する成分です。
ほかの美白成分と比べると、その効果は10~100倍とも!
紫外線を浴びると、メラニン色素ができ、それが積み重なり沈着するとシミになっていきますが、メラニン色素を作る細胞メラノサイトの働きを抑制させ、メラニン色素の産生を抑える効果があるのです。
それだけでなく、皮膚に沈着したメラニン色素に働きかけるので、シミを消してくれる、ということなのです。

使い方ですが、シミからはみ出ないよう綿棒などで塗布します。
ハイドロキノンによってメラノサイトの働きが弱まると、肌の細胞を守るものがなくなり、紫外線によるダメージを直接受けてしまうため、夜だけ塗るのが無難です。
濃度5%程度まででは、美白系の成分で心配な白斑の症例はありませんが、多少刺激が強い成分なので、赤み、かぶれ等が出ることがあります。普段皮膚が強い方でも、パッチテストを行いましょう。
不安定な成分で、劣化しやすいので、冷暗所で保管しましょう。

ハイドロキノンは皮膚科でもらえるもの。と思われがちですが化粧品配合のハイドロキノンでも効果があります。

その違いは、ハイドロキノンの濃度になります。

厚生労働省ではハイドロキノンの濃度を2%まで許可しています。
そのため、それ以上のハイドロキノンがほしい場合は皮膚科で処方してもらうしかありません。
だからと言って濃いものがよいわけでもありません。

たとえば5%のハイドロキノンを動物実験したとき、発がん性が指摘されました。

そのように考えれば、厚生労働省の許可を守っている化粧品に配合しているハイドロキノンを使ったほうが安全で効果的ともいえます。
はじめは濃度の低いものから使用してみてはいかがでしょうか。

最近はハイロキノン配合の化粧品が増えてきています。
このページでも今人気のハイドキノン配合化粧品をご紹介いたします。

ハイドロキノン配合化粧品おすすめランキング

アンプルール ラグジュアリーホワイトコンセントレートHQ110
アンプルール ラグジュアリーホワイトコンセントレートHQ110

濃度2.5% 11g 10,800円(税込)
スポットケア専用の夜用美容液。
洗顔後すぐの肌に塗布します。柔らかいテクスチャーなのに、肌にピタッと密着してシミに張りつきます。
新安定型ハイドロキノンはマイクロカプセル化されていて、徐々に時間差で肌に溶け出し、シミを一晩中攻撃。
刺激が少なく、スキンケアに取り入れやすくなっています。
α-リポ酸、ビサボロール、甘草フラボノイド、紫根エキスの相乗効果で、シミを誘発する原因を食い止めます。

>>まずはトライアルセット1,890円からどうぞ

ビーグレン QuSomeホワイトクリーム1.9
ビーグレン QuSomeホワイトクリーム1.9

濃度1.9% 15g 6,480円(税込)
1.9%で4%の効果を発揮。
浸透テクノロジーQuSome®とハイドロキノンを合わせることで 、美白効果のスピードアップと低刺激性を実現しました。
βホワイト、ハイビスカス花発酵液、ゲンチアナ根エキスといった美容成分が、ハイドロキノンの効果をサポートして、より美白効果を高めます。
さらっとした感触でべたつかず肌になじむクリームです。スキンケアの最後に使用します。

>>まずはトライアルセット1,890円からどうぞ

プラスキレイ プラスナノHQ
プラスキレイ プラスナノHQ

濃度4% 5g 3,240円(税込)
劣化しやすいハイドロキノンに配慮し、少量のチューブ式なので、お手ごろ価格。
初めてのハイドロキノンチャレンジにピッタリですね。
ナノテクノロジーで、角質層まで成分を届けて、シミにしっかり効果を現します。
レスベラトロール配合で、肌表面をきれいに整える効果もあります。
スキンケアの最後に使用します。

>>まずはお試しセット2,160円からどうぞ

皮膚科でシミ消し②トレチノイン

メラニンを強力に皮膚から押し出す

ビタミンA(レチノール)の誘導体であるトレチノインは、強力にターンオーバーを促し、角質を剥離、メラニンを皮膚の外へ排出します。
また、コラーゲンを生成し、肌が美しくなるのをサポートします。
その強力な力により、ヒリヒリした痛み、赤みが出たり、乾燥して皮がむけることがあります。トレチノイン使用中は、いつも以上にしっかり保湿しましょう。
シミを排出してくれる一方、新しいシミを作り出してしまう可能性があるので、メラニン抑制効果のあるハイドロキノンと両方使用して治療するのが一般的です。
日本で通常購入できるトレチノイン配合化粧品はありません。

皮膚科でもらえるシミ消しクリームについて(まとめ)

皮膚科でもらえるシミ消しクリームの成分にはハイドロキノンやトレキノイン配合のものが多いです。
理由は黒くなったシミを白くすることができる、ごく少ない成分だからです。
とはいえ、お肌にリスクがありますので、使用方法を守って使いましょう。
※ハイドロキノン配合で人気の化粧品はアンプルールとビーグレンです。
両方とも独自技術のハイドロキノンを使用していますので、シミけしに多いな期待が持てます。