肝斑(かんぱん)-お肌を白にできるシミ消しクリームを紹介

MENU

肝斑が隠せないなら消すしかない?

肝斑が増えたって話は聞くけど、消えたって話はあまりというか、わたしの周りでは全然聞かない。

みんながんばってカバーメイクしているんだろうか。

でも、やっぱりうっすら見えてしまうし、厚塗りは汚いし、肌への負担も半端ないと思う。

広がり続ける肝斑を何とかしたい!

肝斑とその他のシミの見分け方

肝斑ってどうしてわかったかというと・・・

 

肝斑の特徴がネットに出ていたので、とりあえず自己診断してみたんです。

 

場所は頬骨に沿って、または目じりの下の方にできている(YES)

徐々にではなく突然できていた(YES)

左右対称にできている(YES)

シミの形ははっきりしていなくて、フチがぼやっとしている(YES)

紫外線対策でも効果なし(YES)

強いストレスを感じることがある(YES)

出産を機に現れた(YES)

顔のマッサージは入念にする(YES)

出来始めたのは30才から40才頃(YES)

 

他にも経口避妊薬を飲んでから出来始めたとか、日によって濃さが違うなどという特徴もありました。
皮膚科でお医者様に判断してもらうのが一番ですが、病気じゃないのに行きにくいと思っていたり、時間がとれない人は、とりあえず私の例を参考にして判断いただければと思います。

肝斑はどうしてできるの?

妊娠時に濃くなる、経口避妊薬を飲んでからできたという傾向から女性ホルモンが影響しているのではないかといわれています。

 

紫外線、ストレス過多なども肝斑ができるきっかけになるのではと思われています。

スキンケア商品で効きそうなものは?

化粧水やローション、クリームでは肝斑を薄くしたり、消したりできないのでしょうか。

 

キーワードになるのは「ハイドロキノン」という成分のようです。
ハイドロキノンは皮膚科さんでシミやシワ治療に使うクリームにも入っている成分で、市販の化粧品にも入っているとのこと。

 

だったらその化粧品を使えばいいじゃない!
というわけで「ハイドロキノン」が入っている化粧品を使ってみることにしました。

ハイドロキノンが入っているのはビーグレン

美白スキンケアで「ビーグレン」という名前は聞いたことがありましたが、肝斑に効果があるなんて知らなかったです。
早速トライアルセットをお取り寄せしました。


肝斑(かんぱん)トライアルセットはこちらから!


ビーグレントライアルセットが届きました♪

価格 QuSomeホワイトトライアルセット 1,800円(税込1,944円)
内容量 クレイウォッシュ 15g、QuSomeローション 20ml、Cセラム 5ml、 QuSomeホワイトクリーム1.9 5g、 QuSomeモイスチャーリッチクリーム 7g
期待出来る効果 美白、シミ、そばかす、うるおい、アンチエイジング他
オススメ成分 ハイドロキノン、ピュアビタミンC、βホワイト、ハイビスカス花発酵液、ホメオシールド、ポリアミン、アップレビティ、ラミリン、アクアエクストリーム他

 

日本でハイドロキノンの配合が認められているのは2%まで。それ以上は医師の処方が必要です。
なので、「QuSomeホワイトクリーム1.9」に入っているハイドロキノンの量(1.9%)は認められているMAXなんです。
効果ありとわかっているのに、ハイドロキノンがあまり使われていないのは、扱いが難しいからなのだそうですよ。

 

ビーグレンに入っているのは独自の浸透テクノロジー(QuSome)化されたハイドロキノンで、より効果的にハイドロキノンが働けるようにしてあるんです。
他にもハイドロキノンの効果をサポートする、ハイビスカス花発酵液、ゲンチアナ根エキス、βホワイトという3つの美容成分が配合されていて、肝斑対策の他にも美白美肌効果が期待できそうです。

 

ビーグレン公式サイトへ

肝斑を治すには時間がかかる。だから、すぐにはじめよう

ビーグレンを使いはじめてすぐに消しゴムで消したように何もなかったことになるなんてあり得ない(あったら逆に怖いです)ので時間はかかると思います。
まず、肌のターンオーバー(28日くらい)が目安で効果が表れるといいなと思います。
効果が出るまでは肌の負担にならないようなBBクリームでひたすらカバーですね。